Fandom


“猛威を振るっていた大嵐も…遂にはただのそよ風になった。触るもの皆傷つけていたあの頃も…もう戻って来ない。終わりから始まる希望も滅びた。…だが、残されたものが重要だ。”

トルネード 編集

小さな球体をスリングし、地面に着くとその場にトルネードを発生させる。効果はトルネードの中に入ったクローンは効果が終了後、敵タワーの方へ飛ばされる、というもの。

インフェルノアップデートの以前は最強のクローンの一体であった。しかしアップデート後に大幅な弱体化がされ、あっという間に使用率が低下したクローンである。弱体化の内容は、

  • 発生範囲が約3分の2に縮小
  • トルネードに入ったクローンが受けていた範囲ダメージが除去
  • 効果終了時のプッシュフォース(敵タワー側へ押し出す力)が減少

といったものである。はっきり言って強すぎた。

4マナながら、敵のボムゴーレムのヒットポイントを半分ほど削る上、クローンを吹き飛ばし、さらにカウンターまでできる、とにかく万能なクローンであった。アンチ系統のクローンながら、デッキの中心として使われるほど、防衛、攻撃に積極的に利用できるクローンだったと言える。

問題は弱体化後。まず発生範囲(トルネードのサイズ)が約3分の2になり、飛行クローンをトルネードに捕らえることが難しくなった。さらに範囲ダメージ除去。これが最も使われなくなった要因だろう。以前はドッゴの群れボムゴーレム等のクローンに対して強かったのが、時間稼ぎとして使えるだけになった。時間稼ぎをするのならアンチグラビティの方が優秀であり、このせいで一気に使用率が低下した。そして効果終了時のプッシュフォースが減少した。これはそこまでやりづらくなったわけではなく、ミニボム等の軽いクローンを押し出すという点ではむしろ使いやすかった。

確認されているコンボ 編集

トルネード+スティッキーボム(トルネードショット)以前は最強のコンボの1つであった。トルネードの効果終了時のプッシュフォースにより、スティッキーボムの推進力が増加、一気に敵タワーに飛んでいく。弱体化後もこのコンボは使えるが、スピードはかなり落ちてしまった。

相性の悪いクローン 編集

  • ボムドローン もうそよ風には捕まらない。トルネードを出した瞬間に出されると、無視しない限りコンボを組みづらい。
  • ブラストボット トルネードに入ると、タワーアローを受け、中に入っているクローンが一気に吹き飛んでしまう。

相性の良いクローン 編集

  • ボムゴーレム ゴーレムの後にパファバグ等のクローンをつけづらくなる。相手のテンポを崩す、という意味では非常に効果があるだろう。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。