Fandom


“この泡のようなボムは何からできているかは不明だが、日本のようにすぐに割れる泡ではなさそうだ。”

フローティングボム 編集

ボム系統のクローンでは珍しく、浮遊タイプである。また、ボム系統のクローンの中でも最も軽いクローンであり、コンボはかなり難しいものが多い。常に空中を漂い上下するため、地上クローンとコンボを組むことはほぼ不可能。ただし単独でも強い部分があり、例えば

  • コンボを組まずとも敵タワーに入るため、無視できない。
  • コンボを止めることができても、フローティングボムはその場に残ることが多く、何度も攻撃することが可能。
  • コンボが空中からのものが多く、地上クローンでは止めずらい。

…等、とにかく地上クローンに強いボムと言える。その反面、少しの力が加わっただけでも飛ばされるため、ローグなどにはとても弱い。相手のクローンを把握することが大事である。

確認されているコンボ 編集

フローティングボム+バルーン(浮遊伝)正式名称はないコンボ。ボム→バルーンの順に最大斜角でスリングするだけ。防衛されてもフローティングボムは残ることが多く、次のコンボに繋げやすい。

フローティングボム+スリング距離がロングのクローン ボムを真横にスリング、間髪入れずに最大斜角でスリング距離がロングのクローンをスリングする。他のコンボと比べ斜め上にボムが進むため、軌道が読みずらい。

フローティングボム+アロー アローを使った最も有名なコンボはこれだろう。フローティングボムを適当に射出、アローをボムに当てる。アローの当て方によって大きく軌道が変わり、止めずらい。

相性の悪いクローン 編集

  • ローグ バブル崩壊のように、あの頃まで描いていた軌道が遠い彼方へと消え去っていく…
  • ブラスト系統のクローン シャボン玉とんだ キングにあたった キングがおこって すぐ負けた

相性の良いクローン 編集

  • スリング距離がロングのクローン コンボを最も組みやすい。アロー等、範囲が広いクローンは防衛しつつボムをタワーに送ることも可能。
  • 発射系のクローン 使い切りのものが多いが、ただ敵に当てるだけではなく、ボムをタワーに送りつつ敵クローンに当てることが可能。一石二鳥である。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。