Fandom


Season 5 編集

日本は、10月10日(実際には9日の午後22時)にこのゲームが出来るようになった。

日本では、10月10日午前0時15分にbadlanderというトライブを日本で一番強かった、mitsu_tama氏が設立した。

その後、10月21日にSeason 5が終了、優勝者はマル爆王

Season 6 編集

日本トライブ!のリーダーマル爆王が、11月19日ごろまでローカル1位をキープしていたものの、11月20日午前3時ごろ、エビというプレイヤーに抜かされた。

その後、10月22日にSeason 6が終了、優勝者はエビ

Season 7 編集

このころ、エビはLes Moltzに所属していたが、当時世界ランキング1位のNeopardによって、Aku no samuraiに招待される。そこから、一気にグローバルランキングに登場。20位前後を保っている。

優勝者はエビ(日本リーグで初めて、日本人で連覇を行った。)

Season 8 編集

このころ、中堅トライブ、おりこうな猿の群れや、メロンソーダ、パンナコッタMYなどに所属する、強い人物が、日本ブロウル!へ集合、日本ブロウル‼一強化が行われる。

しかし、その目論見は、親子休憩所という人物によって打ち消される。

2vs2専用トライブというトライブが設立され、人気を集め、日本2大トライブとなる。

優勝者はエビ(日本リーグで初めて、3連覇をする。)

Season 9 編集

Season 9初期に、世界リーグ4連覇をしたBoss 7への対策のため、オーバートロフィー制度を廃止する。

それにより、Boss 7は、24位へ転落。変わりにRimuru(え、転〇ラだって? 知らねぇな)というプレイヤーが1位をしばらくキープする。そのころから、2vs2専用トライブでは、おしゃかしゃまが順位を上げて、日本人1位へと瞬く間になった。エビさんに500もレーティングの差をつけた。

しかし、2vs2専用トライブや日本ブロウルを脅かす存在が出てきた。それがbadlanderという存在。しかも、badlanderには下位トライブが存在し、人材を育てている。(Badlander 2ndのこと。)

次のシーズンでは、日本ブロウル!を超すつもりらしく、日本トライブは2大トップでなく、3大トップになりつつある。

しかし、Season 10では、もう二度と日本人はレジェンドリーグに戻ってくることはないと思われている。なぜなら、次回のアップデートは、ランドアップデート。レーティング7000以上の人がレジェンドになれる。つまり日本人は、世界ランキング1位に匹敵するような力の持ち主が出ない限り、レジェンドへ進出できないとされている。

優勝者は、おしゃかしゃま 

Season 10 編集

ランドアップデートにより、インフェルノという階級が追加される。これにより、リーグ階級が上にずれる。どのくらいかは運営が発表してないためわかってないが、4500からと憶測を呼んでいる。

それにより、世界のランキングが変わる可能性もある。

日本ランキングの環境で言うと、初期勢が落とされ始めて、現在。日本ランキング1位がまさおじ。2位がおしゃかしゃま、3位がマル爆王、4位が親子休憩所、5位がmitsu_tamaとなっている。エビやかえで、まおうさまはもはや日本ランキング10位以下で、現在日本の5代トップが日本の主権をしめている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。